ブログトップ | ログイン

今日の鳥さん+α(初心者野鳥写真集)

satotax.exblog.jp

シロート野鳥写真集

2018年 05月 14日 ( 2 )

建物正面の破風に、ゴジュウカラが巣を作っています
というより、他人が開けた穴を利用して子育て中で
巣の近間でエサを調達して、頻繁に穴を出入りしてます
c0039919_15152076.jpg
レストランの御主人の見立てでは、巣立ちは5月末。
巣立ったら、穴は塞ぐそうです
なお、写真は了解を得て貼っています

このレストランは、小鳥ケ池の入口に当たりますが
池の周辺には、なぜかウォッチャーがいない
c0039919_15153744.jpg
キビタキがいたり、
c0039919_15154893.jpg
オシドリがいたり、するんですけどね
みんな森林植物園方面にしか行かないようです

ちなみに、その植物園内の湿地帯の木道沿いで撮りました
c0039919_15160343.jpg
サンショウクイです!
この写真では、何だか分かりませんなあ
ちなみに、この日は夕方近くにクマが登場
オオアカゲラのポイントのそばの木に登って
寝ていたそうです(ボクと妻は行かなかった)
ウォッチングとクマとの遭遇は宿命みたいなものですな


by satotax | 2018-05-14 15:26 | ゴジュウカラ | Trackback | Comments(0)
2日目の朝に、同じ場所へ
先客数名。採光がいいので、散らばっている
そこへ、オスが登場。みんな喜ぶ
c0039919_15000570.jpg
昨日は見られなかったので、幸先がいい
なぜか、今回はオスが勤勉 何回も来ます
30分ほどして、メス登場
c0039919_14595650.jpg
ムシを咥えているのが見えます
***
ところで、この植物園の周囲には、鏡池をはじめとして、
小鳥ケ池、みどり池と池が多いんですが
どれも農業用ため池のようです。余水吐きがあるからね
ただ、鏡池の堤塘付近に「温水ため池」という表示があり
ちょっととまどいました。温水?
どうやら 用水の安定供給よりも 水温を上昇させることの方が
主たる目的のようです
確かに標高1200mの雪解け水だと、稲作には向かないらしく
雪解け水を一時貯留して、水温を上げる仕組みのようです
加温施設があるわけではないよね
取水施設は、ため池には珍しく「取水塔」式で
斜樋に当たる部分に斜樋のような構造物があるんですが
居合わせた関係者に聞くと「斜樋ではないです」とのこと
じゃ、何?
ちなみに、鏡池は戸隠山の撮影ポイントだそうです


by satotax | 2018-05-14 14:56 | オオアカゲラ | Trackback | Comments(0)